2017年7月25日火曜日

目的

土曜日、みつさんの家へ遊びに行く前にバーゲン期間中だったので新宿のファッションビルへと寄ってみた。
暑い期間に使うような薄地で動きやすいズボンが欲しかったのでそれを探すのが目的。

数点補巡って、結局購入までは至らなかったけれど良いなと感じられる品物はあったし、何より目的がハッキリしているから買い物がし易いなと感じた。
こういうお店の店員はお店のスペースに入るなりグイグイ接客してくる人が多く、Noと言える男ではあるもののそういう接客が好きでは無い。
目的も無くふらっと店内を見ていると、何をお探しですか。→いえ、特別は。→今、こういうのが流行ってますよー。→はあ……。なんて会話になりがちだけどそれが面倒。

けれども目的の品物がある事によってそういった流れにはならず、店員も希望に近い品物を出してくれる。
後はそれが気に入らなかったら断れば良いだけなので楽ちんである。店員も客側に目的がある以上、関係の無いアイテムは勧めにくいので大体はそれで引き下がる。
ただし、中には物凄い食い下がって関連性の薄い(目的の品物とかけ離れている訳では無い。)品物を次々と出してくる店員もいてちょっと笑ってしまった(笑)

夏のバーゲンはもう少し続くし、期間中にもう一回くらい行って気に入る物が見つかれば良いな。

2017年7月24日月曜日

好意

幼い頃、誉められるより叱られた事の方が多かった気がする。プラス感情よりマイナス感情での接し方。
それ故プラス感情で多く接してくれた母や母方の祖母にはよく懐いていたのではないだろうか。
プラス感情に、飢えていたのかもね。

僕の思い込みだったら周りの人々ごめんなさい。
そうされても仕方の無い子供だから叱られたのだと思うし、結果的にそうやってマイナス感情を取り入れながら躾られてきたお陰で今の自分があるのだから感謝はしている。

ただ、人からプラス感情を向けられた時、上手く応えられなくてはぐらかしたり照れ隠ししたりする自分が居て、それをとても残念に思うと共にそれはプラス感情の経験が絶対的に不足しているからなのではと思ったりする。(いや、生来の性格なのかもしれないけど。)
そんな事が、中学でも大学でもあったし社会人になった今でもある。

僕とは対照的に、妻はきっとプラス感情を沢山受けて育ってきたのだろう。
人から好意を向けられた時、本当に嬉しそうな顔をするし嬉しい事を素直に表現する。それができない僕にとってそれはとても魅力的な事で、僕もそんな風にできたら良いのにと心から思う。

向けてくれる好意に、しっかりと応えられるように。
沢山もらっているプラス感情に、プラス感情で返せるように、なりたい。

2017年7月23日日曜日

踊譜面

金曜日に怪我して以来の踏みで、その時は楽譜面が中心だったけど今日は少しづつ負荷を上げていこうと踊譜面を中心にプレイ。

楽譜面だと殆ど四分中心で単調なリズムになりがちだから踏んで得られる満足感が少ないのだけれど、踊譜面になると八分もかなり増えてリズムも複雑になってくるからぐっと満足感が高まる。
特に好きな曲を踏んでいるとまさに曲と一体になって踏めているような気がして凄く気持ち良い。

踏まないと決めた時は踏まないでいられる。しかしいざ踏み始めると大好きな高難易度へ傾倒してしまわないかといささか不安だったけれど、踊譜面くらいまで踏めるようになればしばらくはこれだけでも楽しめそうだ。
今のEXTRAのダンスレベルに応じて解禁を進めるシステムとも高スコアが狙いやすい踊譜面は相性が良いしのんびり遊びながら解禁も進めよう。

2017年7月22日土曜日

一人の夜

妻が友人宅へ遊びに行くとなり、僕も昼間~終電くらいまでみつ邸で遊ばせてもらった。
家庭用DDR環境の工作を見守ったり、ゲームをしたり、楽しくてあっという間の10時間。先週も一人になる日はあったけど、その時は掃除だけで過ごして充実と言えば充実していたものの遊び的な充実感では無かったので今回は遊んでくれる相手が居てくれて良かった。みつさん、とらとらさん、ありがとう。

妻は友達と盛り上がってそのまま泊りとなり、終電近くの時間で帰って来た僕が自宅へ着いたのはもう日付が変わってから。
艦これもやりたかったし、引っ越し以来初めて自宅で過ごす一夜とあって何となく気分も高まり一人日本酒を飲みながら深夜の時間を過ごした。

午前二時過ぎ。
引っ越して約二年、今ではこんな時間に起きているという事も殆ど無くなった。
いっそ無意味に起き続けて夜明けを見ながら散歩するなんていうのも楽しそうだなと思ったけれど、午前中には戻ってくる妻の事を思いそろそろ眠る事にした。

一人で過ごした昔、二人で過ごす今。
そのどちらをも感じられた一夜だった。

2017年7月21日金曜日

スタンプ

LINEで色んな人とトークしていると、様々なスタンプを見る機会がある。
どちらかというと見ない方が少ないくらい皆、有料・無料関係なく色んなスタンプを使っているなーと感じる。

スタンプそのものを見るのも面白いのだけれど、それを使っている人のキャラクターからあんまりスタンプを使いそうに無いと思っていたのに多用している事もあればその逆もあり、自分の中の勝手なキャラクター想像と異なる使用をしている場合により面白味を感じる。

スタンプを使うのは何故なのか。
悪いとか良いでは無く、見ていると使う派と使わない派で大きく分かれているように感じるので何でそこが分かれるのかに関心がある。
ちなみに僕は使わない派に分類されるだろう。(一応Suicaの無料スタンプだけは持っている。)

2017年7月20日木曜日

予後良好

薬指の捻挫から今日で一週間。
安静にしていたお陰で痛みは殆ど引いて今では庇うこともなく、普通に歩けるようになった。
表面の内出血も色が薄れてきているので全体的に良好と言えよう。
しかし不思議なのが指の裏側にも内出血の跡がありそちらの方が内出血の度合いが酷い。一体どんな打ち方をしたらこんな部分が内出血するのだろうか。

とりあえず週末は少しDDRをしたり歩いたりする程度の予定を入れる事ができそう。
土曜日、妻が不在でDDRもできないとなると先週以上に暇になりそうだなと考えていたので遊びの選択肢があるのは助かった。
あまり動かず、それでいて動き過ぎず。遅めのバーゲンを見に、ショッピングなんて良いかもね。

2017年7月19日水曜日

油断禁物

日本酒の美味しい居酒屋へ飲みに行こうという事で上長と新橋へ。
獺祭、黒龍、〆張鶴などなど、ブランド日本酒が少量でいくつも楽しめて良いお店だった。
結構飲んだなーとは思ったけど、合間に水も沢山飲んでいたし酔い冷ましで徒歩で移動もした。
最初の駅で座れてラッキーと思いながら帰路に着いたのだけど途中で眠くなってきて少し目を閉じる事に。

問題はここから。
目を開けた瞬間、視界が暗緑色に染まりつつあった。
あ、マズいかなと思ったもののそこまで気分の悪い感じでは無かったしとりあえず数駅はそのまま様子を見ることに。
しかしその後も中々回復する様子も無く、一度降りようかとも考えたりもした。
そうこうしている内にピークは過ぎて段々と視界が元通りに。

こんな経験、以前もある。
お酒を飲んでいる最中と出た時は大丈夫なのにその後の乗り物で気分が悪くなるパターン。
結局今回もこれまで同様に吐いたり倒れたりする事は無く、無事に最寄り駅まで戻って来られたのだけどこうなるのも何回目かだし飲んだ後それ程時間を置かずに乗り物に乗る場合は気を付けなきゃなと思った。
後からくるのでその場は大丈夫でも要注意である。