2017年3月28日火曜日

稼働日

ここの所仕事の進捗のために残業をしていたら月末までに規定時間を超えそうになってしまった。
1日辺りの残業時間はそれ程でも無いのだけれど、今月は31日まであるかつ平日終わりの平日始まりなので稼働日が22日と多い。途中に3連休があったので少ないものと思いこんでいた。

1日辺りの残業時間が少ないとしても同じペースで続けていたとしたら稼働日分だけ乗算されて結構な時間になる。今月はそれが大きかったのだろう。
先月も平日始まりの平日終わりで同じようなペースで残業していたけれど2月の28日終わりだったので稼働日で言えば20日しか無かった。そこの差である。

なんとか規定時間以内には収めるつもりだけど、残業するなら月初から稼働日を考えて計画しておかないといけないね。来月から気を付けよう。

2017年3月27日月曜日

譜面観賞

妻とDDRを連続でプレイする場合、途中で妻の休憩が入る。そんな時、一人だしじゃあDPをとなってその後に妻もDPを1クレやってまたバーサスに戻るパターンが多い。

僕がDPを1クレ踏んで交代し、妻のDPを踏んでいる姿を見て上達したなと感じる。
付き合い始めた頃はLv.7くらいが適正だったのが今はLv.11くらいでも曲によってはもあるけど十分踏めている。
そんな妻の成長を見ながら後ろで様々な譜面を見てきたし時にはどんな譜面が練習に良いかと調べる事もあった。
僕が踏む譜面は最上位の難易度が殆どだけれど、こうやって踊以下の譜面にも接する機会があって時に驚かされるような譜面に出合うような事もある。
DDP ラキラキはどう考えても難易度詐称だし、DDP プラスチックはなんて変な譜面をしているのだろうか、DDP 夏色は総合的なDP力を鍛えられる良練習譜面だ。

そんな発見がいくつもあって、やはりこのゲームは見ていても楽しいなと改めて感じた。

2017年3月25日土曜日

貸切水族館

サンシャイン水族館の年間パスポート所持者を対象にした貸切水族館のイベントに行ってきた。
年間パスポート所持者限定だし空いてるだろうと思いつつもとりあえず開館時間から行ってみたらなんと長蛇の列が。通常営業時よりもよっぽど混んでいた(笑)

なもので想像していたような人の少ない水族館でのんびり鑑賞とはいかなかったけれど、この時だけのイベントも盛んに開催されていたので充分楽しめた。
元々見に行く予定だった猛毒展2も凄く良かったし、満足である。

サンシャイン水族館は年間パスポート所持で割引となるミニ展示の開催も多いし、アクセスも良いからふらっと気軽に立ち寄りできるので年間パスポート所持者も多いのだろう。今回の貸切水族館でそれを思い知らされた。
次回更新するかは未定だけれど、更新してまた貸切水族館のイベントが開催されたら今年の経験を活かしてもっと早くから来る事にしよう。

2017年3月24日金曜日

胡蝶蘭

僕にとって胡蝶蘭と言えば競走馬(ファレノプシス)なんだけどおめでたい意味合いがある花のようで、人へのお祝いに使われるようだ。
職場に飾られている大きな胡蝶蘭の鉢植えを見てはそんな事を思った。

届いた胡蝶蘭を見た時「見た事ある花だ。」となった。
以前に実家へ飾られているのを見てその存在感と美しさが印象に残っていたのだろう。
女性陣が話しているのを小耳に挟んで胡蝶蘭という名前にも辿り着けた。

大きな花であり、そんな胡蝶蘭が何個も連なって飾られている光景は壮観である。よく見ると中の花の色が違っていたりと個性もある。
段々しおれてきてしまったのでその内片付けられてしまうのだろうけど、もう少しこの美しい光景を楽しませて貰おう。

2017年3月23日木曜日

メンテナンス

新宿、沼津とここ最近他所で踏む事があって改めて感じたけれど近所の筐体はかなりメンテナンスが良い。
新宿は踏み方が悪くてパネルが抜けたし、沼津は一部のパネルが遅延して反応しているのを感じた。しかしそれでもそこをホームにしている友人達は驚くようなスコアを出している。
どちらもフリーズはかなりNGを出してしまった辺り、僕の踏み方が甘いのだろう。

積極的に大会へ出る訳でも無いし、踏む時は9割くらい近所だからここで踏めていれば問題は無いのだけれど、他所で自己ベストよりも大幅に低いスコアが出るのはやはり悔しい。
現状、近所の筐体はメンテナンスには恵まれているのだと意識して、今の状態以上を望んだら他所で全然踏めなくなってしまう。
そんな事を意識した出先でのDDRだった。

2017年3月22日水曜日

ワイン

ういろーさんからお土産でいただいた蒼龍ワイナリーの赤ワイン、4合瓶を2日で飲みきってしまった。
ワインだから酸化が早いと思って飲んだのもあるけれど、美味しくなければ自分達がこれほど早いペースでは空けられないだろう。

今回いただいた赤ワイン、渋さはあまり感じず甘味が強かった。かと言ってもぶどうジュースのような甘味ではなく深い旨味の中に甘さがある感じ。
そして何より香りが素晴らしい。栓を抜いた時、グラスを傾けた時、口に含んだ時、その時々でぶどうの華やかな香りを感じられた。

ういろーさんからいただくワインは毎回美味しくて、普段飲むのは日本酒が多いけれどこんなに美味しいワインならもっと飲んでみたいなと思う。
今度山梨へ行く機会があればワイン工場見学しに行ってみたいね。

2017年3月21日火曜日

運転手

伊豆旅行からの帰宅後、過去に放送された空から日本を見てみようで今回行った場所の回を見て妻と盛り上がった。
普通に放送を見ているだけでも面白いけれど、通った道を辿っていくのはより一層面白い。
所々で解説が入る建物の紹介にあんな所あったなーと見入ってしまった。

電車と比較して、車なら大きく行動範囲が広がる。ういろーさんもおーりんさんも快諾して色々連れて行ってくれるから本当にありがたい。
こうやってより旅行を楽しめているのは彼らのような運転手がいてくれるお陰である。

ういろーさん自身も楽しんでくれたし、また皆で出掛けたいね。
次は富士サファリパークなんてどうだろうか。